オンラインメトロノーム

シンプルなオンラインメトロノームを使用して、音楽スキルを向上させます。

1

/4

120

bpm

拍子

メトロノームの使い方

BPMを設定する

まず、メトロノームが演奏する1分あたりの拍数またはbpmを設定する必要があります。 これを行うには、スライダーまたは増減ボタンを使用して正確に設定できます。

セットビート

小節ごとの拍数を設定します。 これは1から12までの量にすることができます。どの値を入力するかわからない場合は、値を1に設定することをお勧めします。

BPMをタップします

push-to-enter機能を使用してbpmを入力することができます。 希望のテンポを繰り返す周波数でボタンを押すと、メトロノームのbpmがその値に設定されます。

なぜ私たちのオンラインメトロノームはとても良いのですか

私たちはインターネット上で最も便利で便利なオンラインメトロノームを作るためにあらゆる努力をしました

シンプルさ

あなたはあらゆる機会のためにインターネット上で多数のメトロノームを見つけることができます。 ただし、プロのミュージシャンでない限り、コントロールがわかりにくいことがよくあります。 そのため、メトロノームを作成する際には、誰でも使用できるようにインターフェイスをできるだけ単純化するようにしました。

正確さ

私たちは、あらゆるミュージシャンにとってメトロノームの精度の重要性を十分に理解しています。 私たちのアプリケーションコードは完璧に書かれているので、あなたのすべての音楽が正確に時間通りになることを保証します。 遅延やフリーズが発生しないため、無関係なことを考えずにプレイできます。

多様性

メトロノームが必要な目的は関係ありません。メトロノームは、ギター、ピアノ、ドラムなど、あらゆるタスクや楽器に適しています。 落ち着いてビジネスを進めることが大事であり、すべてがスムーズに進むように努めます。

メトロノームの音は、楽器を大音量で演奏してもはっきりと聞こえるように特別に選択されています。 従来のクリック音を意図的に捨てて、より共鳴する信号を採用しました。 これで、アンプをフルボリュームで回してもビートを逃すことはありません。

無料です

メトロノームのような単純な楽器にお金を要求するのは奇妙だということに同意します。 それが私たちが求めていない理由です-私たちのオンラインメトロノームは、何があっても、常に完全に無料でした。 その見返りとして、これが私たちの唯一の収入源であるため、ページの広告ブロックをオフにすることだけをお願いします。

オンライン

メトロノームを別のデバイスとして店で購入しなければならなかった時代は終わりました。 現代のテクノロジーとインターネットの時代では、このような単純な機能がWebアプリケーションとして利用できます。 必要なのは、サイトにアクセスして、インストールせずにオンラインでメトロノームの使用を開始することだけです。

メトロノーム

メトロノームは、1分あたりの拍数(またはBPM)で示される、一定のペースで規則的な繰り返し音を生成するデバイスです。 このデバイスはミュージシャンにとって多くの用途があり、学生や専門家にとって不可欠な楽器でもあります。 メトロノームは音楽のテンポを正確に決定することができ、演奏されている音楽のハーモニーを確保するのに役立ちます。 リズム感を磨き、テンポを毎分30〜240拍の範囲に保ちます。 歴史的に、bpmには私たちが今見慣れている指定がありませんでした。 この慣習は、メトロノームが発明された19世紀以降にのみ一般的になりました。

オンラインメトロノームの使用

遅いペースでも速いペースでも、どんな曲でも演奏できます。 厳密に言えば、曲を学ぶときは、すべての音をはっきりと演奏するために、常にゆっくりとしたペースで演奏を開始する必要があります。 そして徐々に元のペースに近づきます。 動作中、メトロノームは均等に交互の音を発し、曲のビートを示します。 通常、メトロノームのテンポは広範囲にわたって変化する可能性があります。 ミュージカルメトロノームは、リズムを数えるためのシンプルなプログラムで、ギターの弾き方やダンスの動きを学ぶのに役立ちます。

初心者の間では、ギター用のメトロノームとピアノ用のメトロノームがあるというかなり一般的な誤解があります。 しかし実際には、それらの間に区別はありません。 すべてのメトロノームは同じ機能を実行するため、あらゆる楽器に適しています。 メトロノームは本当に便利な楽器ですが、覚えておいてください。ミュージシャンとして自分自身を単純化し、考えずに適切な弦を適切なタイミングで引っ張ったり、 右のキー。

  • Grave – ゆっくりと厳粛 (20–40 BPM)
  • Lento – ゆっくり (40–45 BPM)
  • Largo – 広く (45–50 BPM)
  • Adagio – ゆっくりと堂々とした (55–65 BPM)
  • Adagietto – かなり遅い (65–69 BPM)
  • Andante – 歩くペースで (73–77 BPM)
  • Moderato – 適度に (86–97 BPM)
  • Allegretto – 適度に速い (98–109 BPM)
  • Allegro – 速く、速くそして明るい (109–132 BPM)
  • Vivace – 活気があり速い (132–140 BPM)
  • Presto – 非常に速い (168–177 BPM)
  • Prestissimo – さらに速く (178 BPM and over)

More about metronomes

The classic mechanical metronome is a pyramidal case made of wood with a cut edge, in which there are a scale of the beat frequency and a pendulum with a weight. Depending on the height at which the load is fixed, the frequency of impacts of the device changes. Today electronic metronomes are gaining more and more popularity.

Such a device can have not only the shape of a pyramid, but also any other - there are even models in the form of a decorative figure of an animal. The metronome structure remains unchanged. It is driven by a spring in the body, which is wound by a rotating handle on the side of the body. Based on the required speed of execution of a particular piece, the weight on the pendulum is fixed at one height or another. To increase the pace, you need to move it higher, and to slow it down, lower it down. Typically, tempo settings range from the lowest “grave” (40 beats per minute) to the highest “pretissimo” (208 beats per minute).

The metronome has existed for over 200 years, but its mechanism itself is closely related to the invention made by Galileo Galilei around 1637 - he discovered the principle of the regular movement of a pendulum. This discovery made it possible to invent the escapement mechanism of the watch, and in the future, the metronome.

How the metronome works

The metronome is based on a spring mechanism, which is activated by rotating the crown. Such a metronome is practically eternal and does not require additional investments in the form of batteries. The front of the metronome contains a pendulum and a scale. A movable weight is installed on the pendulum in accordance with a certain division of the scale. The higher the weight is, the lower the oscillation frequency of the pendulum, which means the lower the rate, and vice versa.

Electronic metronomes are popular with guitarists, drummers and other musicians playing a variety of music styles, although classical musicians will appreciate the compactness and versatility of these devices. Musicians who play wind instruments will surely like the external microphone in the form of a clothespin, which is attached to the bell of the instrument.

Particular attention should be paid to electronic metronomes for drummers, which take on special significance when you consider that in the group it is the drummer who sets the pace. Mechanical metronomes are not at all suitable for drummers, since the degree of their accuracy directly depends on the evenness of the surface on which it stands and the absence of vibrations. And the functionality is required more seriously.

オンラインについて-Metronome.org

メトロノームは、すべてのミュージシャンの武器庫になくてはならないアイテムです。 それの助けを借りて、パフォーマンスのリズムとテンポが解決され、初心者のミュージシャンは、スピードを上げたり下げたりすることなく、ペースを数え、維持することを学びます。 その助けを借りて、あなたは演奏されている音楽のテンポを決定するために緊張することなく、簡単に、素早くそして絶対にすることができます。 ギター、ドラム、ピアノをスムーズに演奏するための完璧なガイドとして機能します。 メトロノームの機能:拍子記号の豊富な選択、既製のリズム、強力なビートアクセントのサポート。 メトロノームが実行されている拍子記号とテンポは、メトロノームインターフェイスに表示されます。 このサイトのオンラインメトロノームは、すべてのブラウザとオペレーティングシステムとの最大の互換性を確保するために、最新のWebテクノロジーを使用してサウンドを作成します。